タクシー運転手の求人に応募する前に知っておくべき知識
タクシーのイラスト

自身に合った求人に応募しよう!タクシー運転手の3パターンのシフト

タクシー運転手の一般的なイメージ

タクシーは24時間稼働しているため、タクシー運転手のお仕事はきついというイメージをもたれていて、求人があっても応募するのに躊躇する方は少なからずいらっしゃると思います。長時間拘束されますので、病気にかかることもあります。しかしながら、毎日予防をしておけば病気にもかかりません。今回はタクシー運転手がかかりやすい病気をまとめましたので、正しい知識をもって予防すれば病気も怖くありませんよ。

タクシー運転手に多い病気ランキング

no.1

腰痛

タクシー運転手は長時間ほとんど同じ姿勢で運転をします。そのため腰に負担がかかり腰痛になります。正に職業病といえるでしょう。このような状況が長くつづくと筋肉も固くなってしまい筋力も落ちてしまいます。ちょっとした空き時間にストレッチをしたり、休日に筋力トレーニングをすることで腰痛を防ぐことができますので、定期的に実施しましょう。

no.2

尿路結石

長時間運転をしますので、好きな時に用を足すことができずに我慢をしてしまう方が多いようです。それを繰り返すことにより尿路結石が発症します。もし発症してしまったら、放置せずに必ず完治するまで治療してください。放置してしまうと更に悪化してしまい、新たな病気が併発してしまう恐れがあります。勤務時間中はこまめに水分を摂取するようにしましょう。そして我慢をせずにお手洗いに行くことが大切です。

no.3

心臓病

タクシー運転手は売上を達成するために日々頑張らないといけません。「売上達成をしなければ」というプレッシャーがストレスとなり心臓病になる方もいるようです。ストレスをためこまないことが重要なポイントですので、余裕を持てる環境を自身で何とか作りださないといけません。タクシー会社の中にはノルマがない会社もありますので、タクシー運転手の求人を探している方はこのような会社を選ぶことも一つの手です。

タクシー運転手の求人に応募する前に知っておくべき知識

運転手

昼勤

タクシー運転手の勤務形態には3種類に分けられています。一つ目は「昼勤」です。このシフトの主な勤務時間は「朝7時から夕方16時まで」「朝8時から夕方17時まで」という一般的な会社勤務より勤務開始時間と勤務終了時間が少し早いのが特徴です。他のシフトと比べて売上が落ちますが、女性にとってはとても助かるシフトと言えるでしょう。

夜勤

二つ目に「夜勤」です。このシフトの主な勤務時間は「夜18時から深夜2時まで」「夜19時から深夜3時まで」という昼勤とは逆に夜の時間帯を働くのが特徴です。深夜の時間帯だと料金が割増されるので稼ぎやすいですが、この夜勤だけのシフトの求人を募集しているタクシー会社は少なくなってきています。終電に間に合わなかった方や飲み会帰りなどの人が主な利用客です。

隔日勤務

三つ目に「隔日勤務」です。現在多くのタクシー会社が採用している勤務形態がこのシフトです。一日のうち約19時間程勤務をして翌日は必ず休みというのが大きな特徴と言えます。勤務時間のパターンは様々あり、「朝8時から深夜4時まで」「昼13時から翌日朝9時まで」などがありますので体調管理をしっかりしないと体調を崩しやすいです。休憩時間は昼勤と夜勤が1時間に対し、隔日勤務は3時間とれます。

広告募集中